« ZOORASIA | トップページ | 観光コースでないウィーン―美しい都のもう一つの顔 »

2009年4月22日 (水)

消え失せた密画

Books080
ケストナーがこの本を書いたのは1935年、すでにヒトラーとナチス党は政権を掌握しており、ケストナーは嫌われた作家として、執筆を停止されたり著書を焼かれたり、逮捕されたりしていた。
この時期においてさえ、こうしたユーモアあふれる作品を書くことができたのは、驚きである。

エーリヒ・ケストナー/著
小松太郎/訳
東京創元社(創元推理文庫 508-1)

|

« ZOORASIA | トップページ | 観光コースでないウィーン―美しい都のもう一つの顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消え失せた密画:

« ZOORASIA | トップページ | 観光コースでないウィーン―美しい都のもう一つの顔 »