« ヨーロッパ戦後史(下)1971-2005 | トップページ | 桜 »

2009年3月21日 (土)

鎌倉散歩

桜には、ちょっと早かった。
ルートは、藤沢駅→(江ノ電)→江ノ島駅→龍口寺→江ノ島駅→(湘南モノレール)→大船駅→(横須賀線)→鎌倉駅→銭洗弁天→佐助稲荷→権五郎神社→シーキャッスル→実家→おもちゃだいすき→鎌倉駅→(横須賀線)→大船駅→(東海道線)→藤沢駅。

江ノ島駅には、昨年11月にジオラマが設置されていて、いつも気になっていたので、きょうはじっくり眺めてきた。
Dsc_0057  Dsc_0058  Dsc_0059

続いて、久しぶりに扇屋さんへ行き、江ノ電もなかを買う。
Dsc_0061
「お店先の写真を撮らせてください」と頼んだら、快く承知してくれて「最近はねぇ、黙って撮っていく人が多くってねぇ」と。
Dsc_0062
景色の中に写ってしまうのならともかく、お店そのものを撮るのなら、ひとこと断るのが礼儀でしょうな。

Dsc_0063  Dsc_0064
併用軌道を江ノ島駅に向かっていく。

Dsc_0065  Dsc_0066
併用軌道を腰越駅に向かっていく。
Dsc_0067

このまま鎌倉には向かわず、懸垂式の湘南モノレールに乗る。
Dsc_0068
このモノレール、最急勾配はなんと74‰、カーブもきつく、ジェットコースターなみである(ちょいオオゲサ)。
Dsc_0069  Dsc_0070
江ノ島に向かう湘南モノレール
Dsc_0071  Dsc_0072
湘南モノレールの下を上り横須賀線が行き、大船観音の前を、上下の横須賀線が行く。
Dsc_0073  Dsc_0074
湘南モノレール大船駅

大船からは横須賀線で鎌倉へ向かう。
桜が咲いていれば源氏山公園に行こうかと思ったが、まだのようだったので、銭洗弁天から佐助稲荷を抜けることにした。
Dsc_0075
銭洗弁天
Dsc_0076  Dsc_0077
佐助稲荷
Dsc_0078  Dsc_0079
佐助稲荷

長谷まで歩き、権五郎神社へ。
Dsc_0080
本名は御霊神社なのだが、祭神は鎌倉権五郎景政なので、やはり、権五郎神社だな。
Dsc_0081  Dsc_0082
権五郎神社の目の前に、江ノ電の踏切がある。
Dsc_0083  Dsc_0084
なので、このシーンはポスターになったり、海街diaryのシーンになったりもする。

シーキャッスルで、ミートローフでヴァイスビア、デザートに、アプフェルクーヘン、そして海岸を歩いて、海浜公園のタンコロにごあいさつ。
Dsc_0085  Dsc_0086
海浜公園のタンコロ107
Dsc_0087
和田塚(和田一族戦没地)

帰りがけには、足は勝手におもちゃだいすきに向かってしまう。
おもちゃだいすきでは、コーヒー飲みながら、メッサーシュミットやハインケル談義。
とは言っても、戦闘機の話ではない。
むかし、由比ガ浜の通りにあったとある小児科医院で、当時、三輪自動車があったという話になり、「あれは何というクルマだったのだろうね」と、どこかの古本屋で見つけてきたという、1950年代の英語の本をめくっていたのだ。

その三輪自動車は、フロントドア(ドアが横についているのではなく、正面についている。)であった。
三輪のでは、メッサーシュミットのKR200があるが、ドアの位置からこれではなく、ドアであれば、ハインケルのKabineではなかろうかと。
でも、記憶をあれこれたどると、どうも、Isettaではなかったかと思う。

|

« ヨーロッパ戦後史(下)1971-2005 | トップページ | 桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉散歩:

« ヨーロッパ戦後史(下)1971-2005 | トップページ | 桜 »