« 冬の旭山動物園 =本編= | トップページ | 日本プラモデル50年史 1958-2008 »

2009年1月26日 (月)

冬の旭山動物園 =ふたたび小樽へ=

帰りの飛行機は3時すぎなので、午前中はフリーである。
なので、ふたたび小樽に行くことにした。
お店の時間は、ホテルからネットで確認済み。

札幌駅に行くと、何分も待つことなく、9:13の小樽行き各駅停車に乗ることができた。
しかし、車窓の外は雪がちらつき始め、小樽に着く頃には、かなりの降りになってしまった。

10時過ぎ、小樽着。
荷物をコインロッカーに預け、時間の節約のため、タクシーを使い、北菓楼前に乗り付ける。

北菓楼に入り、奥のカフェにすすむと、さすがにシュークリームは山積みである。
おお、エクレアもあるではないか。
今回は、「ピスコット」とエクレア。
エクレアには、相性がつけられていたが、忘れた。
前の日、砂川でためしたのは、「夢不思議」。
あと、「北の夢ドーム」というシュークリームもある。

だんろの前に腰をおろす。
42101_013
薪がぱちんと音をたててはぜる。

で、「ピスコット」とエクレア。
42101_014
シュー皮ではない。
もちもちしているパンのようなので、手でちぎって口に入れることになる。
お店では、小樽限定の「果樹園の六月」を購入。
42101_015 

北菓楼の隣は六花亭なので、当然もう一度中に入る。
チョコレートその他を購入。

さて、小樽に来たらば、食べないで帰るわけにはいかないので、すし田というお店に入る。
時間は11時、さすがにお客さんの姿はない。
42101_016
ホテルにあったるるぶフリー版のクーポン券が使えて、いかそうめんとてっぽう汁がついた。

12:34のエアポート130で、新千歳空港に向かう。
お昼をたべながら、飛行機の見物。
42101_017
42101_018
42101_019
42101_020

CTS→ANA68→HND:B747-400

|

« 冬の旭山動物園 =本編= | トップページ | 日本プラモデル50年史 1958-2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の旭山動物園 =ふたたび小樽へ=:

« 冬の旭山動物園 =本編= | トップページ | 日本プラモデル50年史 1958-2008 »