« 伯林のElisabeth(8)...路面電車に乗りに | トップページ | 伯林のElisabeth(10)...ZooとSpargel »

2008年4月26日 (土)

伯林のElisabeth(9)...Elisabeth、マチネとソワレとたてつづけ

4/26(2)

Unter den Lindenに出て、カフェでお茶。
S-BahnのUnter den Linden駅から、隣のPotsdamer Platz駅に行ってみる。
Be043
新しい駅で、すぐそばに、ソニーセンターのビルがあり、観光客が大勢来ていた。
また、かつてのベルリンの壁の一部がイベント的に展示されていて、たくさんの人が囲んでいる。
U-BahnのPotsdamer Platz駅に行き、U2でZoologischer Garten駅へ向かう。
Potsdamer Platz駅、S-BahnとU-Bahnとの連絡通路はなく、地上を少し歩かなければならなかった。

一度ホテルに戻ったあと、二度目のTheater des Westensに行くことにするが、その前に劇場隣のカフェでお昼にした。
Be044
入ったときはガラガラだったのだが、あれよあれよとお客さんが増えて、スタッフはてんてこまいになってしまい、食事が終わってお勘定をお願いしても、なかなかテーブルに来ることができない。
しょうがないので、教えてもらった金額を置いて、テーブルを離れた。

劇場の中に入り、まず、キャストのチェックをするが、今回もPiaさまではないので、少しがっかり。
このステージは、トラブルは何もなく、無事終了。
劇場のホールで、いろいろなミュージカル(ウイキッド、ターザン、ライオンキングなど)のCFを流していて、Eの映像もある。
しかし、2幕のラストでTがSを抱いて去るシーンがあるが、ベルリン版ではTはSを抱くことはないので、エッセン版の映像と思われる。
ショップでウィーン版DVDは売っているが、CDは2001年のエッセン版である。

いったんホテルに戻り、一休みのあと、ソワレへ。
おおお、キャスト表にPiaさまの名が。
当然、マチネとの対比になってしまう。
Uweも他のキャストも、力の入れ具合がこうも違うのか。
マチネではUweはお疲れ気味の様子だったのが、うそみたいだ。
キャストによって衣裳が違っているようで、旅立つパパリンを送るとき、Piaさまははオレンジ系のチェックのドレスだった。
そして、Piaさまってば、側転するだ。
また、Tは、Sが投げたネックレスをちゃんと受け止めた。

マチネとソワレとを立て続けに見ると、とくにソワレがPiaさまだったりすると、いささかくたびれる(笑)。

|

« 伯林のElisabeth(8)...路面電車に乗りに | トップページ | 伯林のElisabeth(10)...ZooとSpargel »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伯林のElisabeth(9)...Elisabeth、マチネとソワレとたてつづけ:

« 伯林のElisabeth(8)...路面電車に乗りに | トップページ | 伯林のElisabeth(10)...ZooとSpargel »