« 避寒八重山島めぐり=八重山民俗園~バンナ岳展望台 | トップページ | 避寒八重山島めぐり=仲間川~竹富島 »

2007年2月 9日 (金)

避寒八重山島めぐり=西表島~由布島

2日目は、石垣島を離れるコースである。
ホテルには、きのうの運転手さんが迎えにきてくれた。
石垣港に行き、カウンターでチケットをもらう。
航路はいろいろあり、船会社も多いようだ。
私たちがまず、向かうのは西表島。
入港してきた船は、何トンあるのかわからないが、それほど大きな船ではない。

船に乗り、出航を待っていると、某大手旅行会社の旗のもと、団体客が乗船してきた。
こともあろうに、荷物を車いすスペースに並べるではないか。
何かえ?、車いすは荷物なのかえ?
ちょっと、気分が悪くなる。
0209001

まもなく出航し、西表島に向かう。
船は、竹富島の南側を航行、右に小浜島と西表島、左に黒島と新城島を見ながらすすみ、約40分で大原港に到着。
港からは、イリオモテヤマネコマークのついたバスで移動することになる。
0209002
いろいろなツァーが合同になっているようで、バスはほぼいっぱいである。
まずは、お昼、西表島の東岸に沿って北上して行き、由布島を見ながらすすんでいく。
着いたところは、新しく建てられたレストラン。
私たちはビールを頼んだが、他の人たちで頼んだ人は少なかった。
なぜ?

昼食後は、由布島に向かう。
海岸でバスを降り、砂浜にいる水牛車に乗る。
0209003
水牛は、もともと由布島にいたのではなく、台湾から連れてこられたものだ。
西表島から由布島の間は、水深が1メートル以下なので、徒歩で歩いていくこともできる。
しかし、水牛ってば、歩きながら脱糞するので、徒歩者は踏んづけてしまうリスクはある。

由布島には以前は人が住んでいて、学校跡もあるのだが、1969年の台風をきっかけに人々が去ってしまい、現在はほとんど無人だそうだ。
ぶらぶら散歩すると、すぐに外洋に面した海岸に出ることができる、手前に小浜島、その奥に石垣島を見ることができる。
0209004

|

« 避寒八重山島めぐり=八重山民俗園~バンナ岳展望台 | トップページ | 避寒八重山島めぐり=仲間川~竹富島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避寒八重山島めぐり=西表島~由布島:

« 避寒八重山島めぐり=八重山民俗園~バンナ岳展望台 | トップページ | 避寒八重山島めぐり=仲間川~竹富島 »