« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Llunedi=魔女の巣窟 | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Galleria Spedale degli Innocenti »

2005年7月12日 (火)

いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Mercato Centrale

Albaniでは、朝ごはんの場所は、ホテル本館内ではなく、隣の建物の広間に行く。
中央にバイキングのテーブル、左右に丸いテーブルが並んでいる。
おねーさんが「マイバスですか?」と聞く。
「んにゃ、マイバスではないよ」と答えたら、「じゃぁこちらへどうぞ」と案内されたテーブルにつく。
ちょっと離れたところに、「マイバス」のプレートの載ったテーブルがあったが、ツアー客か。
奥の丸テーブルがまとまっているところには、団体客が案内されている。
熱いコーヒーとあっためたミルクはポットでもってきてくれるが、ここでも「うのかふぇぺるふぁぼーれ」とおこわりを所望する。

朝ごはんをすませ、フィレンツェ最初の目的場所に行く前に、途中にあるMercato Centrale(中央市場)に行ってみることにした。
12_001
ホテルからは歩いて数分で、ごついつくりの入口を入ってみると、まだ開いていないお店もあるものの、すでにお客さんも来ている。
12_002
1階には肉屋や魚屋やパスタ屋が並び、中央に階段があって、2階には八百屋や果物屋がある。
12_003
シスターが連れ立って、肉屋さんの前で何やら相談しているのが、イタリアっぽいというか、ほほえましいというか、食事当番にあたっているのだろうか。
2階の八百屋では、mammaがキロ単位で果物を買っていた。
12_004
mammaが去ってから、りんごをひとつ、Sisiyさんは桃をひとつ買ってみた。
おじさんは、やな顔を見せずに売ってくれた。
表に出ると、革製品の露天が並んでいる。
Mercato Centrale前の、小さな公園のようなところでりんごをかじったら、素朴においしい。
食べ終わった芯は、公園にいた鳩が食べてくれた。

|

« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Llunedi=魔女の巣窟 | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Galleria Spedale degli Innocenti »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Mercato Centrale:

« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Llunedi=魔女の巣窟 | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Galleria Spedale degli Innocenti »