« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Mercato Centrale | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=David »

2005年7月12日 (火)

いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Galleria Spedale degli Innocenti

Mercato Centraleから、最初の目的場所であるGalleria Accademia(アカデミア美術館)まで歩く。
まだ9時すぎだが、入口から長い列ができている。
12_005
それも一本の列ではなく、道路に面した入口から建物に沿って左右に分かれて並び、2本の列になっている。
そして道路上には、順番を待っている人たち目当てのみやげ物屋台や道に絵を並べて客を呼ぶ人たちが声を出している。
この長い列は、たぶん予約のない人たちの列だろうとは思ったが、予約のある場合はどうするのかわからなくて、入口にいた人にバウチャーを見せたら、「もうちょっと待て」と言われた。
予約の時間は9時半、あと30分近くあり、ここでただ待っているのもつまらないので、ふきんを歩いてみることにした。

Galleria Accademiaの東側にはPiazza Ss.Annunziata(サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場)があって、Ss.Annunziata(サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会)、Galleria Spedale degli Innocenti(捨て子養育院美術館)があり、それぞれの建物のアーチを支える柱が回廊となって広場を囲んでいる。
12_006
Galleria Spedale degli Innocentiは、もともとはヨーロッパ最古の、1445年に完成した孤児院だったところで、柱の上には青地に白色の、布に巻かれた赤ん坊をデザインしたメダイヨンが並んでいる。
この建物には、子どもを預けるための回転扉が今でも残っているそうだが、現在は孤児院ではなく、美術館である。
広場を間にしたGalleria Spedale degli Innocentiの反対側、ちょうどGalleria Accademiaの裏手は、ホテルのようだ。
もうそろそろ入れるだろうと、Galleria Accademiaの入口に戻る。
ちょうどGalleria Accademiaを一周したことになるが、あたりにはスーパーやフェラーリの旗が掲げられたおみやげ屋さんがあった。

|

« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Mercato Centrale | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=David »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Galleria Spedale degli Innocenti:

« いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=Mercato Centrale | トップページ | いる・こんと・ぺるふぁぼーれ Martedi=David »