« 降誕祭は維納で 帰国 | トップページ | 2005年〜2006年 »

2004年12月27日 (月)

番外編:ウィーンの寅さん

寅さんが歩いたウィーンのシーン

Nr. 場所 内容 所在地 地図位置
1 葡萄畑 維納を見下ろす、ドナウは見えない。 ?
2 シュテファン寺院 シュテファン寺院を見上げる。 1
3 クルーガー通り~ 2
4 ツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテル 寅さん、2階の窓から顔を出す。 1区、Krugerstraße 11 3
ツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテル室内 ウィーンに来て以来3日3晩ホテルに閉じこもっていた寅さん、坂口兵馬と外出することにする。 3
6 71番市電 4
7 リンク側からブルク門 ブルク門に入って行くフィアカー。 5
8 ベルヴェデーレ宮殿 6
9 モーツアルト像の前 ブルク公園、坂口兵馬、ベンチに腰掛け退屈であくびをする寅さんと別れ美術館に行く。寅さん、老婦人におせんべをあげる。 8
10 美術史美術館 坂口兵馬、ブリューゲルなどの絵画鑑賞。 9
11 モーツアルト像の前 寅さん、雪駄で歩く。 8
12 ブルク公園門 寅さん、ガイドの江上久美子の声で日本人ツアー一行についていってしまう。 8
13 新王宮前 江上久美子、連れ(坂口兵馬)とはぐれてた寅さんをそのままにできず、バスに乗せてしまう。 10
14 ブルク門からリンクへ ツアーバスルート 5
15 自然史博物館 ツアーバスルート 7
16 リンク通り(右にブルク劇場) ツアーバスルート 11
17 ショッテントア ツアーバスルート 12
18 美術史博物館と自然史博物館の間のマリア・テレジア像前 ツアーバスルート 13
19 セセッシオン ツアーバスルート 14
20 カールスプラッツ駅 ツアーバスルート、ブルク門からカールスプラッツ駅まで、映画シーンのルートでは走れない。 15
21 ツアーバス車内 江上久美子、寅さんに泊っているホテルを聞くが、寅さん、わからない。 ?
22 シェーンブルン宮殿正門 寅さん、日本人ツアー一行について歩く。 16
23 市立公園前のリンク通り ツアーバス車窓から 17
24 リンク通り ツアーバス車窓から 18
25 シュテファンスプラッツ ツアーバス車窓から 19
26 オペラ座 ツアーバス車窓から 20
27 ナッシュマルクト 21
28 ナッシュマルクトを走るツアーバス車内 江上久美子、寅さんに泊っているホテルを聞くが、寅さん、わからない。 21
29 噴水の前を走るツアーバス ?
30 モーツアルト像の前 坂口兵馬、戻ってくるが、寅さんはいない。おせんべを食べた老婦人に寅さんの行方を聞く。 8
31 シュテファン寺院 江上久美子、日本人ツアーを北塔に案内、プラターが見える。 1
32 インターコンチネンタル・ホテル 寅さん、ソファで居眠り、江上久美子、ツアー一行に予定を案内している。 22
33 カフェ シャニガルテン、外に市電が走る。寅さん、パンを食べることができない。江上久美子、マダムを呼ぶ。寅さん、マダムと意気投合。 ?
34 ケルントナー通り~クルーガー通り 坂口兵馬、寅さんを探して歩く。 23
35 ツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテル室内 坂口兵馬に、寅さんから電話、坂口兵馬、舞踏会に行く。 3
36 シュヴァルツェンベルクプラッツ 江上久美子、71番市電に乗る。 24
37 市街地 どこかの通りの18番地、江上久美子、マダム宅を訪れる。 25
38 マダム宅 寅さん、ご馳走になっている。ピアノの上の写真立ての中のマダムの亡夫は、オーソン・ウエルズである。 26
39 舞踏会会場 新王宮内、坂口兵馬、舞踏会でテレーゼと踊る。 27
40 シュテファン寺院裏 坂口兵馬、舞踏会から踊りながら帰る。新王宮の舞踏会上からツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテルに帰るためにシュテファン寺院裏を経由するのは遠回りである。 28
41 ツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテル マダム宅から帰ってきていた寅さん、坂口兵馬を迎える。窓から、辻音楽師が見える。 3
42 ヴァイセンキルヒェンのドナウ川のほとり 江上久美子に車で連れて来て貰った寅さん、故郷の話をする。 29
43 パン屋 Bäckerei Valena 坂口兵馬、テレーゼの働くパン屋を訪ねる。 北駅の近くRotensterngasse 26あたり 30
44 デュルンシュタインの聖堂参事会修道院教会の下、ドナウ川のほとり 寅さん、御前様にあいさつする。寅さん、「大利根月夜」を唄う。寅さん、江上久美子に故郷に帰ろうと話す。 31
45 ネプチューンの泉 寅さんと坂口兵馬、他の観光客に写真を撮ってもらう。 32
46 カフェ・モーツァルト 江上久美子、日本人ツアー一行から注文をとっている。「お姉さん、紅茶」と言うのは関敬六。 33
47 ヘルマン宅の階段 江上久美子、ヘルマンを訪ねる、ヘルマンの母が顔を見せ、ヘルマンが出てくる。江上久美子がほおづえをつきながら見た街は、ここからは見えないと思われる。 リヒテンシュタイン美術館の西側のStrudlhofgasse 19 34
48 Serviten教会そばのカフェ 江上久美子、ヘルマンに日本に帰ることを伝える。 9区、Servitengasse 9 35
49 2区あたりのドナウ運河のほとり 江上久美子、歩く。 36
50 Serviten教会の中 ヘルマン、演奏をしている。 9区、Servitengasse 9 35
51 マダム宅 江上久美子、マダムに日本に帰ることを伝え、お金を借りる。 26
52 ツア・ヴィナー・シュターツオーパーホテル室内 カップラーメンを食べている寅さんにマダムから電話、江上久美子を日本につれて帰ることを約束する。 3
53 居酒屋 Beim Hannes 帰国日の前夜、坂口兵馬が飲んでいる。 21区、Langenzersdorfer Straße 56 37
54 ウィーンの街 ?
55 タクシーの中 寅さん、江上久美子、坂口兵馬、マダム、空港に向かう。 38
56 ウィーン空港のAピア <新ターミナルビルがオープンした現在はDになっている。/td> 40
57 シュヴァルツェンベルクプラッツ ヘルマン、走ってタクシーに飛び込む。 24
58 ウィーン空港 40
59 Aピアのカフェ 江上久美子、思案気。マダムとお別れ。 40
60 ウィーン空港前 ヘルマン、タクシーから降りチェックインカウンターの前を走る。 40
61 ウィーン空港出国ゲートA1 ヘルマン、江上久美子の帰国を引き止める。江上久美子、帰国しないことにする。寅さん、ヘルマンに、江上久美子を幸せにするよう諭す。ここはパスポート・コントロールを通過しないと入れないはずだが・・・。映画でも寅さんたちがパスポート・コントロールを通過する場面はない。 40
62 ウィーン空港展望エリア 江上久美子、ヘルマン、マダム、寅さんと坂口兵馬の乗った飛行機を見送る。アエロフロートのTU-134が駐機している。そばにオーストリア空軍のSAAB J-29F Tunnanが展示されている。 40

Tora1_3  Tora2_2

Tora3_2  Tora4_2

Tora5_2

120325_019_1024

男はつらいよ 寅次郎心の旅路
1989年 日本
監督:山田洋次
脚本:朝間義隆、山田洋次
上映時間:109分

キャスト
車寅次郎/渥美清
さくら/倍賞千恵子
竜造/下条正巳
つね/三崎千恵子
博/前田吟
社長/太宰久雄
源公/佐藤蛾次郎
満男/吉岡秀隆
ポンシュウ/関敬六
旅行社員/イッセー尾形
部長/園田裕久
車掌/笹野高史
ヘルマン/マルティン・ロシュバーカー
テレーゼ/ヴィヴィアン・デュバル
老婦人/マルタ・ダングル
ヘルマンの母/ブリギッテ・アントニウス
坂口兵馬/柄本明
マダム/淡路恵子
御前様/笠智衆
江上美子/竹下景子
じん弘
笠井一彦
北山雅康
武野功雄
篠原靖治
雁坂彰
田端宗寿
入江正夫
西川さくら
マキノ佐代子
田中リカ
石川るみ子
志麻充子
光映子
谷よしの

スタッフ
製作/内藤誠
プロデューサー/島津清、黒須清皓
企画/小林俊一
脚本/山田洋次、朝間義隆
撮影/高羽哲夫
美術/出川三男
音楽/山本直純
録音/鈴木功
調音/松本隆司
照明/青木好文
編集/石井巌
スチール/金田正
監督助手/五十嵐敬司
製作担当/峰順一
装置/森篤信
装飾/露木幸次
美粧/宮沢兼子
進行/福田稔
衣裳/松竹衣裳
現像/東京現像所

プロダクション・マネージャー/ジェラルド・マルテル(Gerald Martell)
プロダクション・コーディネーター/ヒルデ・オデルガ(Hilde Odelga)
ロケーション・マネージャー/アリー・ボーラー(Arie Bohrer)
ファースト・アシスタント・ディレクター/ペーター・アルテンドルファー(Peter Altendorfer)
プロパティ・マスター/アドルフ・ナルシンジャー(Adolf Nurschinger)
ガファー/ヘルムート・アーリンジャー(Helmut Ehringer)
ロケーション協力/クラウス・ドナ(Klaus Dona)、ホフブルク宮殿(Hofburg Palace)、エルマイヤー・ダンシング・スクール(Elmayer Dancing School)
協力/ウィーン市観光局、オランダ政府観光局、インターコンチネンタル・ホテル・ウィーン、KLMオランダ航空、柴又神明会

プロダクション
製作/松竹映画

|

« 降誕祭は維納で 帰国 | トップページ | 2005年〜2006年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編:ウィーンの寅さん:

« 降誕祭は維納で 帰国 | トップページ | 2005年〜2006年 »