« 降誕祭は維納で Ring | トップページ | 降誕祭は維納で クリスマスのミサ »

2004年12月24日 (金)

降誕祭は維納で 4時半のミサ

Stephansdomに入ると、4時半のミサの最中で、奥には「ミサ中なので観光客はご遠慮ください」と柵が閉まっていて入れなかったが、まもなくミサが終わり、柵は開かれた。
24028
私たちも、奥にすすんでみる。
すると、司教さまが、たくさんの従者を従えて、祭壇からおりてきた。
Sisiyさんは、通路のまん前にすすむ。
司教さまは、人々を祝福しながら歩いてくる。
24029
修行を積まれたお顔を見ると、思わず、「御前さま」と言いたくなってしまう。
直前まで写真を撮っていたが、目の前まですすまれたたときは、さすがに撮影を続けるような雰囲気ではなかった。
Sisiyさんも、司教さまから祝福をいただく。

ホテルに戻る途中、Stadtparkのシュトラウスさんの前を通る。
ライトアップされていているが、後ろには月、さぞかし寒かろう。
24030

レストランもお休みだし、ホテルの部屋で、鶏の揚げたの、七面鳥の揚げたの、芋サラダ、パン3種、ワインの、質素なクリスマス晩餐。
24031
ナイフとフォークは、来るときのOSでの夕食についていた、OSマークのついたステンのカラトリー。
ワイングラスは、ミニバーから借りる。
24032
いいのかなぁ、金属製のカラトリーを飛行機で出しても、私のように持ち去る客もいるぞ。
しかし、ホテルのメイドさん、毎日あきれただろうな、ミニバーにはいっさい手をつけず、ビールの空き缶、スーパーで買った食料の殻が置かれているのだから。

|

« 降誕祭は維納で Ring | トップページ | 降誕祭は維納で クリスマスのミサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降誕祭は維納で 4時半のミサ:

« 降誕祭は維納で Ring | トップページ | 降誕祭は維納で クリスマスのミサ »