« 降誕祭は維納で Spittelberg, MQ und Stephansdom | トップページ | 降誕祭は維納で Stifi Heilligenkreuz »

2004年12月23日 (木)

降誕祭は維納で Mayerling

集合時間が近づいてきたので、Staatsoper横の集合場所に行く。
バスが1台停車している。
しかし、時間待ちふうの観光客はいない。
しばし待っていると、女性が声をかけてきた。
「こんにちわ、○○さんですか」
どう見ても、日本人ではない。
「はい、そうですけど」
「予約いただいたツアーのガイドのモニカです。今日はこの車で行きます」と案内されたのは、バスではなく、ワゴン車。
「乗ってください」と言われるが、「他にお客さんはいないんですか?」と聞いてみると、私たちだけ、運転手さん、モニカさん、そして私たちの合計4人で出発である。
バスツアーかと思っていたが、ドライブだ。

Staatsoperを出発した車はRingを横切り、Wien Südbahnhof駅(維納南駅)の横を通って、AutobahnA2に乗る。
23019
20キロほど走るとA2から一般道に下り、まずBaden(バーデン)の町のはずれを走っていく。
ローマ時代からの温泉地である。

次第に山道を走るようになり、廃墟となってしまっている古城を過ぎると、Mayerling(マイヤーリンク)に到着。
車を下り、Mayerling教会に入る。
23020
もともとは館だったのだが、RudolfがMary Vetseraとともに自殺したことから、Kaiser Franz Josephが修道院にした。
23021
現在、カルメル会の修道女が4人暮らしているが、一番若い人で65歳、今後どうなるのかわからないそうである。
修道女たちの世話は村人たちがやっていて、教会も村のおばあさんが扉を開けてくれた。
貧乏な修道院だというので、絵はがきと蝋燭を買って喜捨とする。

|

« 降誕祭は維納で Spittelberg, MQ und Stephansdom | トップページ | 降誕祭は維納で Stifi Heilligenkreuz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降誕祭は維納で Mayerling:

« 降誕祭は維納で Spittelberg, MQ und Stephansdom | トップページ | 降誕祭は維納で Stifi Heilligenkreuz »