« 降誕祭は維納で Kunsthistorisches Museumへ | トップページ | 降誕祭は維納で ラーメン »

2004年12月21日 (火)

降誕祭は維納で Kunsthistorisches Museum

中に入ると、「エレベータはあっちだよ」と案内してくれた。
まずショップに行って、日本語ガイドを購入。
400ページ以上ある分厚いガイドで、25.1EUR。
2階にあがって鑑賞開始、現在ルーベンス展をやっていて、いくつかの部屋がルーベンスで埋まっている。
ひとつひとつじっくり鑑賞していたら1日ではとてもおさまらない、まずはブリューゲルの部屋へ。
「雪中の狩人」「バベルの塔」などが並んでいる。
ベラスケスの「青いドレスのマルガリータ」はどこかにお出かけのようであったが、他のドレスをお召しのマルガリータがいた。
中央が「薔薇色のドレスのインファンティン・マルガリータ・テレサ」(ヴェラスケス)、左がプラド美術館から来ている「赤いドレスのマルガリータ」。
21004
アルチンボルドの不可思議な絵、ラファエロ、レンブラント、いろいろなジャンルの絵が集められていて、頭がくらくらになる。

同じフロアにGERSTNERというカフェがあるので、ひとやすみ。
ガイドブックを見てみるが、今回見た絵はほんの一握り、絵のほかにもエジプトやローマの彫刻、貨幣などのコレクションがある。
21005
中央は丸い吹き抜けになっていて、1階にはクリスマスツリーが飾られている。
21006
吹き抜けを囲むように階段があって、階段を見上げるとクリムトの絵が描かれていたりする。
21007

入ってきた入口から外に出ようとしたら、おじさんが「ちょっと待って、こっちにおいで」と誘導してくれた。
エレベータに乗って下へ行き、外に出ると、そこは駐車場だった。
駐車所へはRingから入ってきて、Ring沿いに車いすマークと矢印が描かれている看板が立っていた。
画像の、赤丸が、それ。
21008
しかし、来るときには気付かなかった。

|

« 降誕祭は維納で Kunsthistorisches Museumへ | トップページ | 降誕祭は維納で ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降誕祭は維納で Kunsthistorisches Museum:

« 降誕祭は維納で Kunsthistorisches Museumへ | トップページ | 降誕祭は維納で ラーメン »